情報を安全に管理する

データセンターのポイント

データセンター(DC)はサーバーやネットワーク機器などを設置できる建物となります。サーバーやネットワーク機器が安全な場所に確保できる目的やディザスタリカバリといった災害対策でデータセンターを使うという企業が多いです。東日本大震災以降に一つの拠点にサーバを設置すると被災したときにサービスが利用できなくなるリスクを恐れ、たとえば東京と大阪にデータセンターを設置しサービスを利用できるようにする目的もあります。 利用のポイントとしては、社内にサーバを設置した場合は事務所の温度が高いため、サーバの効率が悪くなったり、ミッションクリティカルのシステムを構築した場合は常駐や24時間監視なども必要となるためサービス維持で利用するのも検討のポイントとなります。

主なメリットについて

データセンターを利用するメリットとしては、24時間の保守体制があったりなどのサービスがあることです。データセンターには企業独自のサービスがあり、セキュリティが高いサービスもあれば回線の速度が優れているサービスも存在します。 データセンターには管理等のサービスがあり、依頼しただけで作業してもらうことも可能ですので技術者を抱えなくても良いメリットなどあります。 サーバについても独自でサーバを用意するハウジングもあれば企業でサーバを用意するサービスもあります。サービスも多岐にわたるので、利用システムの性能にあったサービスを選択することができます。 データセンターで効率化を図ることは十分可能ですので、データセンターを検討する価値はありそうです。