選び方のコツ

データセンター選択時の注意など

データセンターとはサーバー等が集積されている設備や場所のことを指します。データセンターの数は年々増え続けている傾向にあります。これまでは自社のサーバーシステムをサーバー管理者を中心に構成していましたが台数が増え続けた結果場所の問題や耐震性の問題、電力の問題、温度管理、セキュリティの問題などが発生しました。これによって自社サーバーシステムでクライアントコンピューターを管理することが非常に困難になりました。空調設備を切ってしまいシステムが停止したという話もあるくらいです。これでは正常な管理になりませんしできません。これによってクラウドデータセンターに移行する会社が多くなりました。クラウドデータセンターの選択時の注意としては自社からサーバーセンターまで駆けつけることができる場所にあるか、耐震設備はどうか、物理的なセキュリティはしっかりされているか、空調設備はしっかり整っているか、サーバーの追加スペースはあるか、安価な値段で高い電力を得られるか、回線は太いものか、サポート体制はしっかりしているか、管理やサービス・メニューはしっかりしているかです。

サーバーシステムのあり方

上記でも記載したとおり自社サーバーシステムを管理しきれずにクラウドのホスティングサーバー(データセンターサーバー)に移行する動きが強まっています。これからも増え続けるであろう動きがありますが、そこでどのようにあればいいのかを書きます。まずは点在して存在することが必要になります。点在することで首都圏のみに集中して何か起きた時に対応できない場所に存在するのではなく地方にもシステムがある必要が有ります。地震大国日本と言われる中で南海トラフ地震などが予想されている状況で必要なのが耐震性や災害への対策です。対策が何重にされているかが重要となります。物理的なセキュリティがしっかりしていることはその名の通り重要なことです。冷却性も熱を大量に発生するサーバーシステムには必要不可欠なことです。電力はどうなのか回線は太いのかはとても重要なことです。